活動報告

[セミナー報告]太宰府市中央公民館にて

平成20年9月21日(日)

太宰府市中央公民館にて

ふくおか緊急サポートネットワーク事業
平成20年度第3回援助会員登録研修会

にて、セミナーを行ってきました。

参加されているみなさんは

これから、病児保育を行う予定の

「NPO法人子育てサポートぽぴんず」さんなど。

タイトル 「病児へのお薬の飲ませ方」

講師 社団法人筑紫薬剤師会 きらり薬局 黒木哲史
子どもの薬を考える会(代表薬剤師) 中村守男

内容 子どもの薬の基本的な飲み方
子どもが薬を飲めない理由
薬剤師が考える具体的解決策

について、お話してきました。

病児保育とは…
たとえば、子どもが病気で保育園に預けられないときに
仕事をしている保護者の代わりに子どもを預かることです。

共働きが増えている現代でも
子どもは驚くほど熱を出します。

保育園などでは、熱のあるお子さんは預かることができません。
しかし、仕事もそう簡単にはお休みできない。

そんな経験がある方は多いのではないでしょうか??

そんな子育て中の保護者をサポートするのが
病児保育事業です。

もちろん、そこでは保護者の変わりに
病気の子ども達にお薬を飲ませる行為も発生します。

今回のセミナーでは
病児保育に必ずついてくる「薬」について
薬剤師の視点として様々なアドバイスを行ってきました。

みなさん、真剣に聞いてくださり
本当に話す側としても、話しやすかったです。

今後も、このような出張方セミナーを行っていきますので
希望される団体・サークルさんはご連絡くださいませ。


お問い合わせはこちら