NEWS!【最新のお知らせ】

【3月24日活動レポート UD×医療企画 vol.2 】ユニバーサルデザイン(UD)講演&手話歌ライブ

 

————————————————————————-

細山雅一さん講演 &  水戸真奈美さん手話歌ライブ

(UD専門家)        (手話シンガー)

————————————————————————-

 人の命や健康づくりに直接かかわる医療の分野こそ、ユニバーサルデザインの視点を取り入れることが大切だとだと考えるNPO法人こどもとくすりでは、安心・安全な医療、健康づくりのためのUD企画<vol.2>を開催しました!

◯講   師:細山雅一さん(細山UD-unit代表、UDコーディネーター)
◯特別ゲスト:水戸真奈美さん(歌手、手話シンガー)
◯ファシリテーター:山田賢祐(NPO法人こどもとくすり理事)
◯手話通訳者2名

【内容】
1.手話歌ライブ水戸真奈美さん(15:30~16:10)
歌詞にこめられた思いを手話で表現して歌う水戸真奈美さんによる、ライブコンサートを行いました。宮城出身の水戸さんは、3・11震災以来、復興支援の思いをこめて被災地に立ち 、希望と勇気を届けています。 被災地の様子や障がいのある人との出会いなど、たくさんのスライドを交えながら、「手話はとてもすばらしいコミュニケーションの言語であることをもっと多くの人に伝えたい」と語られました。

2.講演 細山雅一さん(16:20〜18:00)
UD専門家の細山雅一さんは、デザイナーとしてUDを担当した松下電器時代の豊富な経験にもとづき、ユニバーサルデザイン(UD)で、暮らしが楽しく・明るくなる、具体的な事例や手法を解りやすく解説してくださいました。医療とUDについて、細山さんは、医療現場で安全はあたりまえであること、その一方で、病気の人はただでさえ体にダメージをもっていることから、「やっぱり心の癒し、希望を養うだけの“安心”がほしいんです。医療専門家と患者の間における相互理解のためにも、より的確なコミュニケーションが重要な要素」だと語られました。

【参加者】
・デザイン関係者
・医療関係者
・子育て支援関係者
・NPO関係者
・福祉事業関係者
・一般の方
ほか

【参加者コメント】(一部)
・ユニバーサルデザインで製作された、ロボットのような車いすがカッコよかった。
・初めて参加しました。聴覚障がいがあるので手話通訳をしてもらったのですごく分かりやすくてよかった。ユニバーサルデザインは聴覚障がいには関係ないと思っていましたが、障がいをもって生活のむずかしさを知りました。だまっていては理解されないので、伝えていくためにも、なるべくいろいろな勉強もしていっています。

・障がい者 だからできることもあるので、まずはあきらめないで、夢が実現すると思って生活していこうと思います。
・水戸さんの歌から、改めて3.11を振り返り、絆を大切にしたいと思いました。
・皆が平等に、快適で楽しく暮らせる社会、ユニバーバーサルな世の中、その実現のためのキーワードとして、「日本文化的」「縁側」という考え方・発想が突破口になるというお話、大変目からウロコこでした。
・さりげない気遣い、おもいやり、気配、配慮等々、日本文化に潜むUDの要素の例えのおかげで、UDの本質をよく理解できたように思います。
・水戸さんの手話歌、とってもきれいでした。とても感動しました。
・手話通訳と要約筆記、スライドと準備して下さっているおかげでストレスなく講義参加出来た事が嬉しい。
・素敵な歌とお話ありがとうございました。涙をこらえるのが大変でした。
・こども連れで参加できて、楽しかったです。ありがとうございました。

(参考web)
細山雅一さんプロフィール
http://www.hosoyamaudu.com/greeting/greeting.html

水戸真奈美さんプロフィール
http://www.mitomanami.net/profile.html


お問い合わせはこちら