NEWS!【最新のお知らせ】

緊急企画!『こども×医療×UD』座談会 ーユニバーサルデザインの視点で考える医療と服薬支援ー

【緊急企画!】


「こそだて医療」で子どもの健康を守る!-UD

薬を飲み忘れたり、飲み間違ったりしたこと、ありませんか? 健康のため、健康を取り戻すためのお薬だけど、「飲みづらい」「わかりにくい」がストレスになったり、あるいは「調子がよくなった」から服用を途中で飲み止めてしまったり。一方で、高齢だったり、お子さんが小さいと、健康や服薬の自己管理はむずかしく、状況によっては、家族への負担が大きくなってしまうことも。

そこで、NPO法人こどもとくすりでは、健康を考えるうえでの医療・服薬について、多様な視点から考えてみようと、ユニバーサルデザイン(UD)事業で活躍する細山雅一さんをお迎えし、座談会&ワークショップを開催します。服薬を正しく管理する、あるいは、正しく管理できるよう援助する方法を「モノ・コト・ひと」、UDの視点から考えます。

profile細山雅一さん(細山UD-Unit代表):「一人一人を大切に!」をデザインするーをコンセプトに、人々が暮らしやすく、楽しく過ごせるようなUD社会の実現をめざす。

(参考web)
ユニバーサルデザインで、暮らしやすい佐賀県を!→ http://p.tl/7Z0B
細山雅一からのメッセージ→ http://p.tl/IOUt

◯日時 2月11日(土) 15時~18時(3H)

◯内容 『こども×医療×UD』座談会
ーユニバーサルデザインの視点で考える医療と服薬支援ー


1.ワークショップ1(15:00~16:00)
1)医療・服薬における気づきをシェア
・気づきや疑問、問題・課題発見

2.座談会 (16:00~17:00)
細山雅一さん(細山UD-Unit代表)
中村守男さん(NPO法人こどもとくすり代表)
会場のみなさん

3.ワークショップ2(17:00~18:00)・意見交換とまとめ
※ワークショップ「1」で抽出した気づきや疑問、課題の解決とまとめ

◯会 場:ブックローン福岡ビル 7F
福岡市博多区博多駅南1丁目7-22

※博多駅から徒歩7分程度
※最寄りのバス停
天神方面からバスをご利用の場合
天神大丸前バス停 行き先番号「46」番で、「駅南二丁目」下車

◯参加費:一般 2000円 (事前申し込み1800円)

学生 500円(事前申込も当日も同料金)

◯定員:40名  一般、医療・介護・福祉関係、保育関係、デザイナー
※興味のある方はどなたでも!! ご参加できます。


◯参加申込・問合せ先  NPO法人こどもとくすり 事務局
【e-mail】 info@kodomo-kusuri.org
【FAX】 092-874-8187
1.お名前
2.連絡先(メールアドレス)
3.お電話番号(携帯など)

主催:NPO法人こどもとくすり
共催:細山UD-unit


お問い合わせはこちら