NEWS!【最新のお知らせ】

定例勉強会レポート『こどもの成長を記録し、共有し、振り返る~エバーノートを活用した事例~』

==========================================
定例勉強会レポート『こどもの成長を記録し、共有し、振り返る~エバーノートを活用した事例~』
開催日時:2月23日(土)18時00分〜20時
==========================================

1.プレゼンテーション:(18:05~19:00)
『こどもの成長を記録し、共有し、振り返る~エバーノートを活用した事例~』

※プレゼンター:川添祐樹さん(NPO法人こどもとくすり)
世界で4500万人が利用する人気アプリ「エバーノート」を仕事や子育てなど公私にわたりフル活用。川添さんのエバーノートは公式活用事例として広く紹介される。
二児の父親のサラリーマン。NPO法人ファザーリングジャパンなどにも所属
『おもしろい!は日常の中にこそ』(川添氏公式サイト)http://kawazoezoe.com/

2.ディスカッション(19:00~19:50)
質疑応答、およびディスカッション
【参加者】
・薬剤師
・歯科医師
・クリエイター等

———————————————
【report】
川添さんより、『こどもの成長を記録し、共有し、振り返る~エバーノートを活用した事例~』と題して、「エバーノートとは」「特徴・効果」「便利な使い方のポイント」「活用事例」など詳しく、わかりやすくお話いただきました。
活用事例として、主に「子どもの成長記録」を紹介。
子どもの遊び・学び・家族とのふれあいなど日常生活にある様々なシーンを画像やテキストで記録したり、編集したり。その際の整理の仕方やリンクの仕組みなどポイントを押さえながら解説してくださいました。
子どもの成長過程を家族で見て楽しんだり、振り返ることで意外な発見や気づきに出合うといったエピソードを交えながら、「楽しい子育て、家族のコミュニケーションに役立っている」という“川添流の活用法”が印象的でした。

この他にも、仕事でどう活用できるか、といったビジネス編についても紹介があり、利用例、便利な使い方のヒントなど具体的にお話いただきました。

 

【エバーノートと「子どもの健康づくり」について】
お子様の成長記録としての活用法をたっぷり聞かせていただきましたが、エバーノートは、「健康づくり」「健康管理」という観点からも活用できそうです。

そもそも、子どもの様子、成長を“しっかりみる”という行為は「こどもの心身の健康づくり」の基本。
子どもの体調が崩れるときには必ずなにかしらのサインがあります。そうしたサインを見逃さない、子どものちょっとした体調の変化、心の変化にいち早く気づいてあげるためにも日頃から「子どもの様子を“観察=みる”」習慣を身につけたいものです。
したがって、「エバーノートで楽しく記録をとる=子どもを見る(観察する)習慣につながる」ことが大いに期待されます。

さらに、記録を振り返ってみると、子どもの健康の傾向なども見えてきます。「行事の前になると熱を出す」「週末に熱を出しやすい」「夕方が多い」「いつもお兄ちゃんから風邪をひく」など、親が“何となく感じていること”…を明確に気づかせてくれます。

「忘れたくない大切なこどもの成長だからこそ“記憶”だけでなく“記録”する。100年続くエバーノートで」—。こうした川添さんの言葉に、子どもへの深い愛情とビジネスパーソンとしての心意気を感じました。

【その他、参加者コメント】
・検索、タイトルやタグ付けで整理する術が参考になった。
・画像内の印刷文字や手書き文字をも認識して、そこから検索もできることがわかり、ためになった。
・エバーノート未使用者だが、早速使ってみたい。仕事でもプライベートでも使えそう。
・複数メンバーで共有できるなど、薬局の仕事でも活用できそう。ぜひ、導入したい。
・子どもの学習サポートにもエバーノートが使えそう。
・名刺の管理、名刺交換した際のシーンやグループ分けなども簡単にできることなど参考になった。等々

今回、長崎県五島、鹿児島・・・と遠方からの参加もあり、「来たかいがあった!」「ぜひパート2の開催を!」と絶賛する声をいただきました! ありがとうございました。ご期待に添えるよう第2回開催を検討したいと思います。
お忙しいなかご参加いただきまして、ありがとうございました。

ps 終了後、懇親会に移動し、ディスカッションの延長戦を行いました。
・・・盛り上がりました(笑)!


お問い合わせはこちら